Pneumuscle_SymbolMark(白黒反転・透過).png

​Click!

New!!
PMCシリーズ

  • Twitter

Twitter始めました‼

柔軟性は、

可能性だ。

 

 空気圧人工筋肉とは

小学生の頃、理科の実験で注射器の口を塞いだ状態で、

ピストンを押した後に手を離すと、ピストンが戻る現象があったことを覚えているでしょうか。

このように空気は圧縮すると、元の体積に戻ろうとして

力が発生します。

空気圧人工筋肉とは圧縮した空気の力を利用して、

牽引力(引っ張る力)を発生する機器です。

 

代表的な空気圧人工筋肉として、

McKibben(マッキベン)型人工筋肉が挙げられます。

​PneumuscleはMcKibben型人工筋肉の1つです。

Pneumuscleは、右図に示すように

ゴムチューブを網目状の組紐が覆うような構造をしています。

無題2.png

空気圧人工筋肉の動作原理

圧縮空気は元の体積に戻ろうとするため、圧縮空気をゴムチューブに印加すると、下図に示すようにチューブが半径方向および軸方向に膨張します。

組紐は、らせん状に編み込まれた筒状のものが

多く用いられています。

​下図に示すように、網目の角度が変化することで、軸方向に押し込むと径が大きくなり、引っ張ると径が細くなる構造になっています。

スリーブ 収縮.png

半径方向が広がる

(径が大きくなる)

収縮

ゴムチューブに圧縮空気が印加された時、ゴムチューブの半径方向の膨張によって

組紐の網目の角度が変化し、軸方向へ収縮する力を発生させます。​

 

Pneumuscleについて

Pneumuscle(ニューマッスル)は、

株式会社s-muscleが開発した細径人工筋肉の技術を基に、

課題であった耐久性を、従来比で約100倍向上させることに成功しました。

ロボットハンドの先端や、身体への負荷を軽減するアシストスーツに組み込まれ、

製造業・運輸業・建設業・農業・医療・介護などの幅広い分野で、

活用されることが期待されています。

 

【Pneumuscleの特長】

● 軽く、柔らかく、しなやか

   小型軽量かつ高出力

   装着型の機器に最適

● 設計自由度が高い

   空気圧用クイック継手にダイレクト接続可能

   駆動部長さを任意に設計することが可能

● 短納期対応・量産体制

   20pcs以下は翌日出荷対応

   大口注文にも対応可能