Pneumuscle_Symbol+Logo(白黒反転・透過).png

○デスクトップ真空ポンプセット

デスクトップ真空ポンプセットは、下の写真のような縦置きタイプのデスクトップタイプ真空ポンプ(幅85mm×高さ215mm×奥行297mm)と、正負圧両用エアフィルタのセットです。
低真空源としてご利用ください。

●セット内容

 ①デスクトップタイプ真空ポンプ…1個

 ②ACアダプタ…1個

 ③正負圧両用エアフィルタ(ブラケット付)…1個

 ④外径6mm-4mmチューブ変換用クイック継手ソケット…3個

 ⑤外径4mmウレタンチューブ…2m

 ⑥M3ボルト…2個

amazon-logo_JP_black.jpg

●使用方法

  1. 付属のM3ボルトを用いて、上図のようにデスクトップ真空ポンプ背面にフィルタを固定する。

  2. フィルタの側面の継手およびコンプレッサ背面左下の継手に、チューブ変換用クイック継手をしっかり差し込む。

  3. 4mmウレタンチューブを適当な長さに切断し、上図のように配管する。

  4. 背面右下の電源入力ジャックにACアダプタを接続する。

①デスクトップタイプ真空ポンプ

③フィルタ

④クイック継手ソケット

​⑤4mmウレタンチューブ

※デスクトップタイプ真空ポンプ本体の詳細仕様に関しては、下記よりカタログをご参照ください。

​使用例:ジャミングハンド
物体が混みあって詰まることをジャミングといいます。
動画にあるように、風船の中にコーヒーの粉を入れて、中の空気を真空ポンプを使って抜きます。
​すると、コーヒーの粒と粒との間に存在した隙間がなくなり混みあうことで、粒は風船の中で動くことができなくなります。反対に、空気を入れると粒と粒の間に隙間が再度生まれるため、粒は自由に動くようになります。
この現象を使って物を掴んだり離したりするのが、
ジャミングハンドです。

ジャミングハンド.png

​掴む物の形にハンドが寄り添うので、
丸いものでも安定して掴めます。

【空気を入れたとき、抜いた時の風船の様子】

​コンプレッサ
(空気を入れる)

真空ポンプ
(空気を抜く)

制御機器(PMCシリーズ)
(空気の流れを切り替える)

​動画ではデスクトップ真空ポンプの他に、空気の印加・排気を切り替えるため、下記に掲載の空気圧人工筋肉用コントローラ PMCシリーズの正負圧両用のものを使用しています。