新マーク+社名.jpg

MIRAI事業部

​技術紹介

1. AEA法
 チオグリコシドの活性化によるグリコシルトリフラートへの変換とチオグリコシドの水酸基とのグリコシル化反応による糖鎖伸長をワンポットで繰り返します。糖鎖伸長中の脱保護工程を必要とせず、電気で活性化を行います。

210820_3-2.png

2. AEA法による化学合成技術について
 糖質およびオリゴ糖の化学合成はこれまで固相合成が主流でしたが、高純度で回収するためには高度な技術を要し、安価に大量合成できないという課題がありました。
 そこで、鳥取大学工学部化学バイオ系学科、野上教授らが開発した「AEA法」を応用し、オリゴ糖の合成工程の自動化装置を開発、オリゴグルコサミンを中心とした高純度な糖鎖のmg~gオーダー製造を実現しました。